公共施設タイルカーペット、新築クロス施工事例

公共施設タイルカーペット貼り替え工事

写真2 013.jpg 

モルタルがめくれない様、慎重かつスムーズに剥がし、ケレンで下地処理をします。計算をし、墨だしをしてタイル柄の割付作業を行います。

 

 

写真2 015.jpg

 

均等にムラなく糊付けを行い、タイルカーペットを市松模様に貼り付けていきます。タイルとタイルのジョイントが浮かないようローラーをかけます。

 

 

写真2 029.jpg

 

 

ステージを除いて八割工事終了

 

 

 

写真2 002.jpg

 

 

清掃して施工工事完了

 

 

 

 

 

ダイニングリビング

 

1.クロス施工前          2.コーナーテープ貼り付け      3.パテ付け

写真1 100.jpg  写真1 089.jpg  写真1 092.jpg

1.クロス施工前に養生をきちんとしてあるか確認します。

2.出窓などのコーナーは、物をぶつけたり、ひっかけたりしてへこみ易いので、コーナーテープを取り付けます。

3.ボードの目地やビス頭に少し粗めのパテで段差をなくし、平らに下地処理をしていきます。

 

 4.パテ処理            5.パテ処理              6.下地処理完了

写真1 094.jpg  写真1 104.jpg  写真1 110.jpg

4.段差の大きい箇所に2回目のパテ処理で下地処理をしていきます。

5.きめ細かいパテで薄く仕上げパテ処理をしていきます。

6.パテむらをペーパーがけで補正して、下地処理完了です。

 

 7.クロス貼り            8.ローラー処理          9.施工完了

写真1 112.jpg  写真1 114.jpg  写真1 118.jpg

7.クロス貼り開始です。高い方から貼り、ハケでエアーをシワにならないように上から下へ自然に出していきます。その後、地ベラの角度をかえず、丁寧にクロスをカットします。

8.目開きをしないように丁寧にローラーをかけます。

9.コーキング処理後、しっかり清掃して施工完了となります。

 

▲このページのトップに戻る